ビブリオバトル(谷口忠大)

ビブリオバトル(谷口忠大)を読んだ、

ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書)ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書)
谷口 忠大

文藝春秋 2013-04-19
売り上げランキング : 59886

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

目次
 第1章 ビブリオバトルの遊び方
 第2章 ビブリオバトルはどうして生まれたのか?
 第3章 本と出会い人を知るためのテクノロジー
 第4章 広がるビブリオバトル(

ビブリオ(Biblio)は「本、書物」を意味する接頭辞で、ラテン語の「biblion(本)」に由来する言葉。

ビブリオバトル協会による公式ルール
・発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
・順番に一人5分間で本を紹介する。
・それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
・全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

発表5分、質疑応答2〜3分、合計8分なので、ビボリオバトルは4〜6名程度が適切。

テーマビボリバトルは広がりがある設定なのに対して、縛りは設定は強い。
縛りの設定はそれなりの注意が必要。

個人的な感想こそ共感しうる。その共感を通して、その本が読むべきかどうかを感じ取ろうとする。

集まってくる人の興味を馳せながら、それでも自分が心から好きで、本当に読んでほしいと思える本を持っていって、誠実に紹介する。

ビボリオバトルによる推薦は、意外な本だけど、読みたくなる本を推奨にする機能に秀でている。

基本的には発表者も投票、発表者は自分以外に投票するのが紳士協定。
最多票を集めた本をチャンプ本として表彰。

書評することで、自分がどう解釈するのか、どう考える人間なのか、どういう文脈に置く人間なのか、さらけ出すことに他ならず、自分自身を紹介されることになる。

本を通して人を知るというコミュニケーションの場づくりの側面こそビボリオバロルの本質。

人工知能は人間を超えるか(松尾豊)

人工知能は人間を超えるか(松尾豊)を読んだ。
人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)
松尾 豊

KADOKAWA / 中経出版 2015-03-10
売り上げランキング : 273

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


目次
 序 章 広がる人工知能――人工知能は人類を滅ぼすか
 第1章 人工知能とは何か――専門家と世間の認識のズレ
 第2章 「推論」と「探索」の時代――第1次AIブーム
 第3章 「知識」を入れると賢くなる――第2次AIブーム
 第4章 「機械学習」の静かな広がり――第3次AIブーム(1)
 第5章 静寂を破る「ディープラーニング」――第3次AIブーム(2)
 第6章 人工知能は人間を超えるか――ディープラーニングの先にあるもの
 終 章 変わりゆく世界――産業・社会への影響と戦略

第1次AIブーム(推論と探索の時代)
・推論・探索をすることで、特定の問題を解く研究が進む。
・おもちゃの問題は解けるけど、複雑な現実な問題が解けない。

検索の木は要するに場合分け。
コンピュータはいつしか答えを見つける。
深さ優先探索はメモリをそれほど必要ない。

将棋が強くなった秘訣
①よりよい特徴量が発見された
3つの駒の相関関係を使って、どうなれば有利なのか、過去の棋譜というビッグデータから見つけ出し、次の指し手を絞るときの精度が向上した。
②モンテカルロ法で評価の仕組み変える
ある局面からランダムに指してどちらが勝つかシミュレーションをする。

第2次AIブーム(知識を入れる賢くなる)
・実用的なエキスパートシステムがたくさん作られた。
・知識を記述、管理することの大変さが明らかになる。

ワトソンは、質問の意味を理解して答えるのではない
質問に関連するキーワードに関連しそうな答を高速で引っ張ってきている。


質問応答による診断システム
知識獲得のボトルネック
シンボルグラウディング問題、シマウマの例

第3次AIブーム①(機械学習)
機械学習の学習する:分類、イエスノー問題の精度、正解率を上げる
学習には、教師あり、教師なし
学習には時間がかかるが予測は一瞬
特徴量をどう作るかが機械学習における本質的問題。

第3次AIブーム②(デープラーニング)
データをもとに、コンピュータが自ら特徴量をつくり出す
デープラーニングが従来の機械学習と異なる点
・1層ずつ階層ごとに学習していく
・自己符号化器という情報圧縮機を用いること

デープラーニングでやってることは、主成分分析を非線形にして、多段にしただけ
ちょっと違ったデータを使う

頑健性の高め方:①ノイズを加える、②ドロップアウト
いじめ抜かないとデータの背後にある本質的な特徴量を獲得できない

異常検知は、高次の特徴量を生成し、そこから通常起こるべきものを想定し、それと異なっていれば何かおかしいと感じることだから、特徴表現学習の得意とするところ。
この仕事をコンピュータができるようになると、運転を人工知能が行うことも、遠隔で操作することも、今よりずっと簡単になる。

基本テーゼ
人間の知能がプログラムで実現できないはずがない。

人工知能が人間を征服する心配をする必要はない。

まず議論すべきは、人工知能が将来持つべき倫理ではなく、人工知能を使い人間の倫理、人工知能をつくる人に対する倫理。

人工知能の問題の60年に及ぶ研究で、いくつもの難題にぶつかったが、それらは特徴表現の獲得という問題に集約でききる。
デープラーニングという特徴表現学習方法によって、一部解かれつつある。
高い知識能力、予測能力、概念獲得能力、言語能力を持つ知能が実現する可能性がある


停滞する日本産業、高齢化社会などに関する問題を打開にあたっては、人工知能の活用がkeyになるかもしれない。

オニールの成長株発掘法(ウィリアム・J・オニール)

オニールの成長株発掘法(ウィリアム・J・オニール)を読んだ。

オニールの成長株発掘法 - 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするためにオニールの成長株発掘法 - 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために
ウィリアム オニール 竹内 和巳 松本 幸子 増沢 和美 William J. O'Neil

パンローリング 2001-02-21
売り上げランキング : 198486

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


目次
 第1部 勝つシステム―CAN‐SLIM
 第2部 最初から賢明であれ
 第3部 投資のプロになる

勇気を持ち、前向きに構え、決してあきらめない。
小さなどんぐりはいずれ、大きな木に育つ。
何事も忍耐力と勤勉さがあれば成し遂げられる。その意思こそが重要。

オニールの成長株発掘法のマインドマップ

オニールの成長株発掘法

貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント(北村慶著)

貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント(北村慶著)を読んだ。

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
北村 慶

PHP研究所 2006-04
売り上げランキング : 157554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

目次
 第1章 リバタリアンが進める「格差」社会
 第2章 「金融格差時代」の新・資産運用
 第3章 あなたの年金を運用する「国営・投資ファンド」
 第4章 “負けない”資産運用―あなたを豊かにする7つの智恵(リテラシー)
 第5章  「負けない社会」を目指して

負けない運用のための知恵を踏まえ、資産の組み替えも行ないながら、長期投資をしていこう。

負けない運用のための6つのリテラシー(知恵
①短期間に売買を繰り返す短期売買から決別して長期投資を行う
②個別銘柄の動きに注目して市場に勝ちに行く戦略ではなく、市場全体の長期的な動きで資産を拡大していく負けないための戦略を採る
③なるべく早くに長期投資を開始する事で複利の力を最大限に活用することともに、定額の分散投資を励行して時間を味方につける
④ポートフォリオ理論を用いて、全ての資産を含めたトータルアセットアロケーションを考えリスクを抑えた運用をする。
⑤ローンによる住宅取得については人生観を含めて考えから決める。
⑥国際分散投資で、日本経済だけではなく、世界経済の成長に追随する戦略を展開する。

リバランス
年に1度の運用計画維持のためのリバランス(資産の組み替え)を検討する。
5年に1度、アセットアロケーション変更のためのリバランス(リスク性資産の割合は(100―年齢)%)を検討する。

仁杉巌の決断の時(大内雅博)

仁杉巌の決断の時(大内雅博)を読んだ。

仁杉巖の決断のとき
仁杉巖の決断のとき大内 雅博

交通新聞社 2010-04
売り上げランキング : 1286782


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


目次
 第1章 用地が東海道新幹線の成否の鍵だった
 第2章 鉄道経営の基本
 第3章 土木工学の本質
 第4章 仁杉流勉強法・思考法
 対談 技術・契約・教育―これからの土木を語る(草柳俊二,仁杉巖)

いくら技術屋がいても用地が買えなければ何もできない。
必要性は理解いされていると思うが、用地の確保をどのようにするのか考えることが重要。

投資に見合う運賃水準を確保できなかがったことが経営破綻をまねいた。

コンクリート、新しい技術が登場し、示方書も随分かわった。
PCも何百メートルのものができるようになったし、混和材もいろいろなものがでてきた。
しかし、コンクリートの基本である砂と砂利とセメントを混ぜて、それをきちんと練って、それを現場できちんといい形に仕上げるということは変わらない。

公共工事で、まず電線を地下化しろと言われることがあるが、それも一つの考え。
日本橋首都高の地下化と同じ。
しかし、本当に困っているところがある。
公共事業を増やすか減らすかというとき、どこを切ったらいいのか、どこを上げたらいいのか、そういうことを普段から土木学会は勉強しておく必要がある。

仕事をするための3箇条
・師匠を見つけ出してそこからいろいろ吸収する
・できる仲間、部下、幕僚を選んでフル活用する
・下の動きに関する情報ルートを確保する

勉強の対象を変えたが、勉強に対する態度を変えなかった。
忙しいときほど勉強した。

時刻表に見るスイスの鉄道(大内雅博)

時刻表に見るスイスの鉄道(大内雅博)を読んだ。

時刻表に見るスイスの鉄道 (交通新聞社新書)
時刻表に見るスイスの鉄道 (交通新聞社新書)大内雅博

交通新聞社 2009-06-15
売り上げランキング : 173025


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

目次
 第1章 スイス鉄道の特徴と魅力
 第2章 スピードアップによらない高速化―ダイヤの工夫による所要時間の短縮
 第3章 スイス鉄道接続の旅
 第4章 新線建設は必要最小限に
 第5章 鉄道と自動車の連携
 第6章 運賃はコストに応じて
 第7章 各駅見所ガイド

スイスの優れたダイヤ、ダイヤを支える線路などのインフラ、鉄道の安定経営のための収入、運賃制度などについて考察されている。

スイスでは通常、30分間隔で列車が運行されている。
需要の少ない路線でも60分間隔。

スイスでは鉄道と道路が協調して効率的、経済的な交通網も作り上げている。
各駅停車をバス代行、バスの代行により便利な交通を目指している。
スイスのカートレインは、峠越えのための長大自動車トンネルの代用。

スイス国鉄(スイス連邦鉄道)はスイス全土の鉄道旅客輸送の87%、鉄道貨物輸送では94%。
スイスの国鉄(2008)の旅客収入約2,300億円、貨物収入約910億円で合計約3,200億円。
連邦政府や州から補助金約1,800億円。

運賃体系
特別な料金は必要なく、運賃のみでどんな列車にも乗車可能
対キロに対する運賃の水準は日本のJRの普通料金に特急料金を合計した程度
運賃計算キロは実キロを基にしつつも、区間ごとの採算性に応じて割増がある。

スイスの主要列車の間隔、2011年から2022年にかけて、30分から15分に増発されるという計画。
スイスの鉄道は世界一のサービスを誇っているが、このような進化していくが魅力でもあるという。

成長株投資の神(Mark minervini)

成長株投資の神(Mark minervini)を読んだ。

成長株投資の神
成長株投資の神マーク・ミネルヴィニ

パンローリング株式会社 2016-08-05
売り上げランキング : 64062


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


目次
 第1章 はじめに
 第2章 銘柄選択
 第3章 ポジションサイズ
 第4章 テクニカル分析
 第5章 ファンダメンタルズ
 第6章 株式市場全般
 第7章 仕掛けの基準
 第8章 リスク管理
 第9章 トレード管理
 第10章 心理
 第11章 最後に

トレードルール
①マーク・ミネルヴィニ
・まず、リスクを考える。
・損は小さいうちに切り。かなりの含み益が得られたら、損益ゼロの逆指値。
・得られると思う利益よりも大きなリスクを決して取らない。
・自分のトレードを常に把握しておく。
②デビッド・ライアン
・損切りをして、損を小さくしておく。
・厳しく規律を守る。
・負けトレードが続いたら、トレード額を減らす。
・かなりの含み益が得られたら、それを含み損にはしない。
・含み損を抱えている銘柄から含み益になっている銘柄に資金を移す。
③ダン・ザンガー
・買値より下げているものをけっして放置しない。
・オプションは避ける。
・勝ち銘柄は持ち続け、負け銘柄は手放す。
④マーク・リッチー二世
・常にトレードプランを作ってからトレードする。
・ポートフォリオ全体のリスクをあらゆる方法で計算しておく。
・大きな損をしたあとや、負けの続いている時期はトレードサイズを減らす。
・自分の資産を守るのと同じくらい、自分の感情に注意を払う。

平均的な投資家が大きな利益を上げられない理由。
①銘柄の選別基準がよくない。
②損切りしない。
③含み損になった銘柄を買い増す。
④含み益を守らない。
⑤事後分析を定期的に行わない。
⑥一つの戦略にこだわり続けない。
⑦規則を守らない。

トレードのレールを参考にルールを構築し、その規則を守っていくことが重要。

細野真宏の世界一わかりやすい株の本(実践編)

細野真宏の世界一わかりやすい株の本(実践編)を読んだ。

細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編
細野 真宏

文藝春秋 2005-12-14
売り上げランキング : 7838

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

目次
第1回 「証券会社」の違いと、自分に合う「証券会社」の選び方
第2回 カンタン!ネット上の株売買ーリアルタイム実践編
第3回 「増資」の仕組みと“失敗しにくい銘柄”を選ぶコツについて
第4回 「株式分割」の仕組みと「マスコミ情報」の注意点について
第5回 必然性を考えて株価の動きを予測し、捉える“応用的”な実戦演習!
第6回 「株価」と「景気」の差異の見極め方と、マスコミ情報との接し方

証券会社の口座には特別口座。
特別口座は証券会社が損益計算などを代わりに行ってくれる便利な口座。

増資で株価がどこまで下がるかは、発行価格(募集価格)に左右される。
増資によって株価がどこまで下がるかを見極めていく必要がある。
増資後の株価は増資で得たお金をうまく活用できるかに大きく左右される。

株式分割は株を買いやくして株主を増やすために行う。
株式分割による急上昇は一時的な需給関係の変化が要因なので、以前の水準まで下がってもおかしくない。

公募増資の場合は一般の人に売り出すが、第三者割当増資は特定の会社や個人だけに売り出すので、需給関係を悪化しないので、必ずしも株価は下がらない。

日経平均株価よりもTOPIX(東証株価指数)の方がより広く日本経済の動きを表している。
株価の動向は、市場の予測に過ぎないので、必ずしも株価と景気が連動するとは限らない。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

チャレンジ5

Author:チャレンジ5
お越し頂きありがとうございます!

はまっていること
 ・iPad、iPhone、Mac、Apple watch
 ・スポーツクラブ
  (スタジオプログラム)

過去の記事
管理メニュー
最新記事
FC2カウンター
FC2 現在
現在の閲覧者数:
最新コメント
何回も読みたい本

人生
生き方 よく生き よく笑い よき死と出会う 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”

幸せ力
「幸福力」を高める生き方―中村天風名言集 (リュウ・ブックス アステ新書) ツイてる! (角川oneテーマ21)

カーネギー

成功
非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣 成功の9ステップ

人気記事
ブクログ
人気ページランキング(2012.1.25~)
最近読んだ本
challenge5の最近読んだ本
最新トラックバック
Amazonライブリンク
リンク
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
過去ログ +

2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【2件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【2件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【7件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【6件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 09月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【3件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【7件】
2014年 02月 【16件】
2014年 01月 【9件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【15件】
2013年 10月 【12件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【7件】
2013年 05月 【9件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【20件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【18件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【19件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【1件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【16件】
2011年 02月 【30件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【32件】
2010年 10月 【34件】
2010年 09月 【31件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【38件】
2010年 03月 【49件】
2010年 02月 【36件】
2010年 01月 【35件】

月別アーカイブ
SEOランキング
検索フォーム